こんぶネットトップ > 目指せ!昆布マイスター > 第8回:お正月のカンタン昆布料理
目指せ!昆布マイスター 目次
Step.1
昆布だしを極める
Step.2
ささっとできる塩こんぶ料理
Step.3
昆布でごはんをおいしく食べる(1)−シンプルが一番おいしい
Step.4
昆布でごはんをおいしく食べる(2)−いろいろ昆布ごはん
Step.5
だしを取ったあとの昆布活用
Step.6
昆布でおいしいお漬物
Step.7
ミセスのアイデア昆布料理
Step.8
お正月のカンタン昆布料理
Step.9
子どもが喜ぶ昆布料理
Step.10
定番の昆布料理をマスターしよう
Step.11
昆布でおいしいスピードレシピ
Step.12
昆布は究極のエコ食材!
こんぶ使いのプロになっておいしい笑顔を増やそう「目指せ!昆布マイスター」
第8回:お正月のカンタン昆布料理
昆布料理
正月料理に昆布は欠かせません

正月料理に昆布は欠かせないものです。
昆布は「子生婦」とも書き、子孫繁栄を表し、音は「よろこぶ」に通じて、別称の「広布(ひろめ)」とあわせ「慶びをひろめる」ということで、大変めでたい縁起物なのです。
今回は、年末年始のこの季節にぴったりの旬レシピをご紹介します。『洋風こぶ巻き』『昆布の押し寿司』は定番料理なのでぜひトライしてみましょう。また『かぶの千枚漬け』『お正月なます』は一見手間がかかりそうですが、キャンペーンに参加してくれたミセスの方が、簡単レシピを教えてくださいました。
縁起物の昆布をいろいろな料理でおいしくいただきましょう。


洋風こぶ巻き 豚肉を巻いて洋風に。昆布のだしがきいてます!
洋風こぶ巻き お正月料理にぴったり!

基本分量(材料)(1人分)

昆布(乾物): 10g、かんぴょう: 2g、豚肉(うす切り): 30g、 しょうゆ(下味用):10ml(大2/3)

【調味料】 酒: 10ml (大2/3)、砂糖: 10g (大1強)、しょうゆ: 20ml 、みりん 10ml (大2/3)、つけ汁(煮だし汁)100ml(カップ1/2)

作り方

(1) 昆布は表面をさっと拭き、10〜20分ぐらい水につけてもどしておく。
(2) 豚肉は昆布の大きさに合わせて切り、しょうゆで下味をつけておく。
(3) 水気をふいた昆布を広げ、豚肉をのせて巻き、かんぴょうで結ぶ。
(4) 昆布のつけ汁、調味料を合わせて鍋に入れ、沸騰したら昆布を入れ、落としぶたをして煮る。
(5) 昆布がやわらかくなるまで、煮ふくめる。
<参考> 早煮こんぶを使い、電子レンジで加熱すると、スピーディにできます。

 


昆布の押し寿司 すし飯に昆布の味わいがしみこんでさっぱりとおいしい

昆布の押し寿司


基本分量(材料)(2本/4人分)
米: 320g (カップ2)、昆布のつけ汁(水):400ml(カップ2)、しらすぼし:24g、とろろ昆布: 6g、えび: 16尾{塩:少々、酒:20ml(大11/5)}、うずらの卵:4個

【合わせ酢】 酢: 40ml、塩: 4g (小4/5)、砂糖:12g(大11/5)、昆布: 10g{水:400ml、酢:10g(大1)}
作り方

(1) 水につけてもどした昆布と、水、酢をボールに入れ、やわらかくなるまで蒸し、さめたら木型の大きさに切る。
(2) 米を洗い、昆布のつけ汁(水)を加えて炊く。
(3) 合わせ酢をつくり、熱湯を通したしらすぼしをまぜる。
(4) えびは、背わたをとり、塩と酒で下味をつけて茹で、殻をむいて半分に切る。
(5) ご飯が炊けたら、(3)をかけ、すし飯をつくる。
(6) 木型の中をぬらし、ラップをしき、すし飯を半分ほど入れて平らにする。(1)のこんぶ、すし飯、とろろ昆布、半分に切ったえびとうずらの卵をのせ、ラップをかけて上から押す。
(7) 木型をはずし、切り分ける。



かぶの千枚漬け 自宅でも簡単にできる!おせちにピッタリの一品
昆布料理
アイデア提供: chibirin さん
(「みんなでよろこんぶキャンペーン」参加)

「自宅でも簡単に作れるので、かぶの美味しい今の時期におすすめです。甘酢は寿司酢を代用すると、さらに簡単。大人向けには、小口切りの唐辛子を一緒に漬け込んでくださいね。スライスレモンを一緒に漬け込んだり、お酢を黒酢・シソ酢などにしてみたり、いろいろアレンジが楽しめます。
冷蔵庫に入れておくと、1週間くらいはおいしくいただけます。 おせちの一品にもどうぞ。」

基本分量(材料)(2〜3人分)

カブ:2個、昆布:5cm程度、塩:少々、甘酢(酢:大さじ1.5、みりん:大さじ1、砂糖:小さじ1/2)※甘酢の分量はお好みで増減してください。

作り方

(1) カブをスライサーで丸のままスライスし、塩を振る
(2) 昆布はふきんで拭き、細切りにはさみでカットする
(3) 10分くらいたって塩をふったカブがしんなりしてきたら水分を軽く絞り、昆布を間に挟んで、甘酢に漬ける
(4) 重石をして、一晩漬けたら、できあがり!



昆布酢を使った“お正月なます” 柿入りだからほんのり甘く食べやすい

昆布料理
アイデア提供: 美似さん
(「集まれ!こんぶ大好きっ子」カキコミ隊」参加)

「我が家では酢にだし昆布を漬けて“昆布酢”を作って常備しています。酢がマイルドになり美味しいです。
漬けた昆布もあとで料理に使います。今回は、大根・人参・柿・昆布で“お正月なます”を作りました。柿の甘みがあるので、酸っぱすぎず子どもにも人気です。」

基本分量(材料)(2〜3人分)

大根:2分の1本、柿:2個、人参:1本、昆布酢:大さじ4、砂糖:大さじ2、昆布:少々(昆布酢の中のだし昆布を利用)、塩:2つまみ、とろろ昆布:適量


作り方

(1) 大根、人参、酢につけておいた昆布は千切りにして、塩もみをする。
(2) 柿は種を取り除き、同じように千切りにする。
(3) 昆布酢と砂糖を合わせて甘酢を作り、(1)(2)を入れて混ぜあわせてしばらく置く。お皿に盛り、とろろ昆布を乗せてできあがり。

昆布酢の作り方
酢に昆布をつけておいたものが昆布酢。酢をそのまま使うより、昆布のだしが出て味がまろやかになり、お料理が上品に風味豊かに仕上がります。なます・酢の物・お寿司などにオススメです。

材料: 酢(米酢・穀物酢など):適量、だし昆布:10cm角のものを2〜3枚
作り方: 昆布をさっと拭いたら、 適当な空き瓶に昆布を入れて酢を注ぎます。1時間程度待てば完成です。

 


このページのトップへ