こんぶネットトップ > 昆布料理研究家の旬レシピ

昆布料理研究家の旬レシピ5〜6月 こんぶネットに集まった「昆布料理ならお任せ!」の昆布料理研究家たちが、昆布と季節の食材を使ったオリジナルの昆布レシピを考えました。旬の味、昆布でもっと楽しみましょう。

【第1回】ナチュラルフードスタイリスト菊間恵子(KEIKO)さん 昆布と春野菜のパワーで春をキレイに元気に過ごす昆布レシピ

菊間恵子(KEIKO)さん
菊間恵子(KEIKO)さんのプロフィール

ナチュラルフードスタイリスト(はちみつマイスター×野菜ソムリエ×ベジフルビューティーアドバイザー)。私のビューティー・コンセプトは、「美・医食同源〜美味しく・美しく・健康に〜」。女性の「美と健康」をココロ・カラダ・エネルギーのバランスを整えながら、体の内側からケアして守る「インナーケア」に重点をおいた「食の美・健康法」を伝えています。

また、東京と伊豆(実家)を行き来しながら、野菜・果物栽培、養蜂(日本ミツバチ)の手伝いもしています。昨年より、「昆布大使」としても活動中。

春野菜には、体に溜まった老廃物などを体外に出す「デットクス(解毒)」作用があると言われています。まずは、春野菜を食べて体の内側をキレイに。そして、ヨウ素などの栄養成分が豊富に含まれる昆布をたっぷりと食べて、体内の新陳代謝を活発にさせ、「春」をキレイに元気に過ごしましょう♪

春野菜と金目鯛のハーブ昆布蒸し煮

昆布とお魚から出る煮汁の旨みが、野菜にしみてさらに美味しい。
蒸し煮にした昆布もやわらかいので食べられます。

春野菜と金目鯛のハーブ昆布蒸し煮

レシピを印刷

材料
  • 金目鯛 2切れ
  • 日高昆布(10cm) 2枚
  • キャベツ 200g
  • アスパラガス 2本
  • ニンジン 1/4本
  • スナップエンドウ 6さや
  • 水 大2
  • 白ワイン 大2
  • オリーブオイル 大1〜2
  • 塩 適量
  • タイム 1枝
  • ローリエ 1枚
(使った昆布:日高昆布)

春野菜と金目鯛をハーブと昆布で蒸し煮にしました。蒸し煮にすることでお野菜のかさも減りたっぷり食べられますね♪
お鍋に食材を入れ火にかけるだけのお手軽レシピですが、メインにもなる立派な1皿に仕上がります。

作り方
  1. キャベツ、ニンジンは食べやすい大きさに切ります。アスパラガスは、根元を少し切り落としピーラーで硬い部分の皮をむき、はかまを取り除き斜めに切ります。スナップエンドウは、筋を取ります。
  2. お鍋に 1. の野菜を入れ、さらにその上に昆布をひいた金目鯛をのせ入れます。そして、ハーブ(タイム・ローリエ)、水、白ワイン、オリーブオイルを加えて蒸し煮にします。
  3. しっかりと蓋をして強火にかけ、沸いてきたら弱火にして10分程加熱します。途中味見をして、塩味が足りない場合は塩を加えて味を調整して下さい。
    お魚に火が通ったら出来上がりです。
ワンポイントアドバイス
  • 今回は「金目鯛」を使いましたが、他の白身魚でも美味しく出来上がります。
  • 食材から出る水分で蒸しあげるため、水分が逃げないようにしっかりとフタの締まるものを使いましょう。
  • キャベツの水気を余りきらないことがポイント。途中焦げそうな時は、お水を少し足して下さい。
  • 昆布からも煮汁に塩味が出ますので、塩加減は控えめにましょう。

和風コールスローサラダ〜昆布茶の和風ドレッシング〜

昆布茶は万能調味料。粉末なので混ざりやすく、ドレッシングにピッタリ!

和風コールスローサラダ〜昆布茶の和風ドレッシング〜

レシピを印刷

材料
  • キャベツ 200g
  • タマネギ 40g
  • ニンジン 20g
  • 油揚げ 1/2枚

<昆布茶の和風ドレッシング>

  • 昆布茶 大1/2
  • 米酢 大1
  • 太白ごま油(もしくはサラダ油) 大1
  • ハチミツ 少量
(使った昆布:昆布茶)

春キャベツを美味しく食べるならば、私のオススメは「コールスローサラダ」です。今回は、昆布茶を加えて和風味の手作りドレッシングを作ってみました。こんがりカリカリに焼けた油揚げの食感も楽しめますよ♪

作り方
  1. キャベツ、ニンジンは千切りに、タマネギは薄切りにします。油揚げは、トースターでこんがりと焼き、細切りにします。
  2. ボウルに和風ドレッシングの材料を入れ、混ぜ合わせます。
  3. 2. にタマネギ、ニンジン、キャベツの順に加えてよく和えます。器に盛り付け油揚げをのせたら出来上がりです。
ワンポイントアドバイス
  • 香りの強いタマネギから和え、ニンジン、キャベツを加え、空気を  入れるようにふんわりと和えるのがポイントです。
  • 少し時間をおいて、野菜がしんなりして味が染みてから食べても   美味しいですよ。

鯛の塩昆布和えサラダ風

塩昆布とブラックオリーブのうまみ・塩加減がよく合い、美味。

鯛の塩昆布和えサラダ風

レシピを印刷

材料
  • 鯛(今回は真鯛) 60g
  • 塩昆布 15g
  • ブラックオリーブ 10g
  • ベビーリーフ 20〜25g
  • トマト(中玉) 1/2個
  • オリーブオイル 大1/2
(使った昆布:塩昆布)

塩昆布を使って、手軽に鯛の昆布〆風を作りました。
アクセントにブラックオリーブを加え、たっぷりのベビーリーフとトマトでサラダ仕立てに仕上げました。洋風の食材と昆布の相性がバッチリ、更にお料理の幅が広がりますね♪

作り方
  1. 鯛の水分をよく拭き取り、斜めに削ぎ切りにします。
  2. 洗ったベビーリーフはよく水気をきり、トマトはくし切りにします。
  3. ボウルに鯛と塩昆布、細かく刻んだブラックオリーブを入れてよく混ぜ合わせます。
  4. 3. にベビーリーフ、トマトを加え、オリーブオイルを回し入れ軽く混ぜ合わせ、器に盛ります。
ワンポイントアドバイス
  • 天然物で新鮮な鯛であれば、そのまま使って下さい。鯛(養殖物)に、ハチミツを少量含ませることで、特有の臭みを取り除き、旨みが増します。鯛はできれば柵ごと買い、少量のハチミツを表面にぬりキッチンペーパー・ラップで包み、15分程冷蔵庫に入れておきます。
このページのトップへ