昆布料理研究家の旬レシピ6〜7月 こんぶネットに集まった「昆布料理ならお任せ!」の昆布料理研究家たちが、昆布と季節の食材を使ったオリジナルの昆布レシピを考えました。旬の味、昆布でもっと楽しみましょう。

【第2回】Kan-Z代表 管理栄養士 大山加奈惠さん スタミナ食材を使った夏の暑さに負けないカンタン昆布レシピ

大山加菜惠さん
大山加奈惠さんのプロフィール

(株)Kan-Z 代表取締役。管理栄養士、中学・高等学校教諭資格(家庭科)、食品保健指導士、食育管理士、食育インストラクター、サプリメント管理士。
日本の食文化や郷土食にトレンドやエッセンスを加えて、九州から次世代や海外に発信していきたいと思っています。美味しさは五感で感じるもの。栄養バランスだけでなく、目で見て楽しい料理を作るようにしています。最近注目しているのは「スポーツ栄養」。選手の能力を引きだす食の可能性を追求中。
「やらずに後悔より、やってみる。一歩踏み出せば、必ず道は見えてくる」をモットーに、新しいことにチャレンジし続けます。趣味は旅行、ゴルフ。フットワークが軽いのがとりえです。

「最近暑くて食欲がなくて…」「すっかり夏バテしちゃった…」───夏になるとクーラーの効きすぎなどが原因で、夏バテや夏風邪に悩む人も多いのではないでしょうか。
こんな季節こそ、たんぱく質やビタミン、ミネラルをたっぷり含んだスタミナ食材で、夏を元気にのりきりましょう! 調理時間も短く、味の付いた昆布を使った手軽にできるレシピをご紹介します♪

豚肉巻きポテトの塩昆布ピカタ

定番の豚肉&じゃがいもの組合せも、塩昆布と昆布茶でインパクトのある一品に。
塩昆布ソースはドレッシングや和えものにも使える万能ソースです。

昆布料理写真

レシピを印刷

材料
  • じゃがいも 3個
  • 牛乳 大さじ4
  • 塩、こしょう 少々
  • 豚もも肉薄切り 4枚(250g)
  • 塩昆布 10g
  • 青じそ 4枚
  • 昆布茶 小さじ2
  • 小麦粉 適量
  • 卵 1個

<昆布ソース>

  • 塩昆布 4g
  • マヨネーズ 大さじ1
  • ヨーグルト 大さじ1

<飾り>

  • ミニトマト 4個
  • パプリカ 1/4個
(使った昆布:塩昆布、昆布茶)

豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれているので、元気・スタミナUPにはピッタリの食材です。じゃがいもは糖質をエネルギーに変える働きもあるので、相性はばっちり!
昆布のミネラル分も夏のカラダには欠かせません。

作り方
  1. じゃがいもを洗い皮のままラップに包んで、電子レンジに約3分強(1個につき)かける。皮をむき、ボール入れてつぶし、牛乳、塩、こしょうを加えてなめらかになるまで混ぜる。
  2. 豚肉は表面に軽く塩、こしょうをして、昆布茶をもみこむ。卵はよく溶きほぐしておく。
  3. 1. を4等分して、丸型にまるめる。塩昆布を両面におき、2. の豚肉で巻く。
  4. 豚肉の表面に小麦粉をまぶし、溶き卵を全体につける。
  5. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、中火で全面がキツネ色になるように焼く。
  6. 昆布ソースを作る。塩昆布はみじん切りにして、マヨネーズとヨーグルトとよく混ぜる。
  7. ピカタを皿の真ん中に置き、昆布ソースをかけ、周りにミニトマト、パプリカを飾る。
ワンポイントアドバイス
  • レンジから出したじゃがいもはとても熱いので気をつけてください。ラップごと麺棒などでたたいて、キッチンペーパーで皮をむくと簡単です。
  • じゃがいもにチーズやパセリなどを入れても美味しいです。
  • 丸型にするとパーティ用、少し小さめにしてお弁当用など、形のバリエーションでいろいろな場面に使えます。

クリームチーズとアボガドの塩コンブ和え

塩昆布の旨味と、チーズの旨味の相乗効果で美味しさアップ!

昆布料理写真

レシピを印刷

材料
  • アボカド 1個
  • クリームチーズ 100g
  • ミニトマト 4個
  • 塩昆布 30g
  • レモン汁 大さじ1 
(使った昆布:塩昆布)

森のバターと言われるアボカドと、乳製品のクリームチーズ。どちらもたんぱく質、ビタミン類、ミネラルをたっぷり含む優秀な食材です。塩昆布を入れることで和のエッセンスが加わったユニークなコクのある一品に。赤・緑・白・黒の色合いも美味しさのポイントです。

作り方
  1. アボカドは縦半分に切り、種を取り、サイコロ状に切る。ミニトマトは4等分する。
  2. クリームチーズはサイコロ状に切る。
  3. ボールにレモン汁、塩昆布を入れて混ぜ合わせておく。
  4. アボカド、クリームチーズ、ミニトマトを入れ、つぶれないように混ぜる。
ワンポイントアドバイス
  • クリームチーズは冷蔵庫でしっかり冷やしておくと切りやすいです(時間がない時は冷凍庫で冷やしてください)。
  • 熟したアボカドを使って、クリームチーズと一緒にペースト状にして、ディップにするのもお勧めです。
  • クラッカーやフランスパンに乗せて、カナッペにするとパーティ用に♪ ビールやワインにもとてもよく合います。

ひつまぶし、とろろこぶだし風

普通のだしも昆布を入れると旨味が倍増!
お茶漬け風+とろろ昆布で、食欲がない時にも、サラッとおなかに入ります。

昆布料理写真

レシピを印刷

材料
  • 市販のうなぎ蒲焼き 1尾
  • 市販の蒲焼きのタレ 1袋
  • ご飯 350〜400g
  • 卵 2個
  • サラダ油 適量

<薬味>

  • 万能ネギ 1本
  • みょうが 1個
  • 刻みのり 適量
  • わさび 適量

<だし>

  • 水 1リットル
  • 昆布 10g
  • かつお節 50g
  • 昆布茶 小さじ2
  • とろろこんぶ 10g
(使った昆布:とろろ昆布、昆布茶)

夏のスタミナ食材と言えば、うなぎ。うなぎは、ビタミンAやたんぱく質を豊富に含みます。みょうがやねぎの薬味もデトックス作用があります。とろろ昆布と昆布茶のだし汁で、栄養分と美味しさをプラスした「夏の特製スタミナひつまぶし」を召し上がれ。

作り方
  1. 薬味を作る。万能ねぎは小口切り、ミョウガは刻んでおく。
  2. 卵はよく溶きほぐし、熱したフライパンにサラダ油を入れ、薄焼き卵を作る。せん切りにして、錦糸卵にする。
  3. ダシを作る。水1リットルも昆布を入れ、沸騰したら取り除き、鰹節をいれ10〜20秒で火を止めてこしておく。昆布茶を加えて、よく混ぜておく。
  4. うなぎ蒲焼きはフライパンかトースターで表面をカリッと焼く。1cm幅に切る。
  5. 市販の蒲焼きのタレを鍋に入れて温める。※焦げやすいので注意
  6. どんぶりにご飯を入れ、温めたタレをかけて、うなぎをのせる。錦糸卵、刻みのりをのせる。
  7. 薬味やとろろ昆布、だし汁をかけて、お茶漬風にして食べる。
ワンポイントアドバイス
  • うなぎは焼かずにそのまま使ってもいいですが、カリッと焼いた方が風味が良いのでおすすめです。
  • 薬味にゆず胡椒もおすすめです。
  • とろろだし汁は、そうめんのつゆや冷やしぶっかけうどん(そば)にも使える万能つゆです。好みで薄口しょうゆ、塩を加えてください。
  • だしは市販のだしの素を使っても大丈夫です。
このページのトップへ