昆布料理研究家の旬レシピ7〜8月 こんぶネットに集まった「昆布料理ならお任せ!」の昆布料理研究家たちが、昆布と季節の食材を使ったオリジナルの昆布レシピを考えました。旬の味、昆布でもっと楽しみましょう。

【第6回】管理栄養士・フードコーディネーター 吉田由子さんによる「秋の味覚“ホクホクのおいも”が堪能できる昆布レシピ」

吉田由子さん(管理栄養士・フードコーディネーター)
吉田由子さんのプロフィール

食品メーカー・福祉施設・外食産業などの勤務を経て、長女の妊娠を機にフリーランスの管理栄養士/フードコーディネーターとして活動開始。レシピ提案・ダイエットや栄養に関するコラム執筆・アスリートの栄養管理など幅広く活動しています。
プライベートでは、小学生と幼稚園児の双子の三姉妹のママ。『お子様が喜ぶ+ママにやさしい』をテーマにしたレシピをご紹介したいと思っています。

いよいよ味覚の秋到来。秋は美味しい旬の味覚がたくさん!
特にイモ類はホクホク感が増し、美味しくなる季節です。イモ類には食物繊維が豊富に含まれていますので、腸を整えて便通をよくしてくれます。また、カリウムも豊富に含まれていますので、余分な塩分を排出し、気になるむくみを解消してくれます。お安くて、日持ちがするのもうれしいですね。
今回は旬の「おいも」と昆布の旨みを活かしたお子様のおやつにもピッタリの簡単スナックをご紹介します。

さつまいもの昆布風味和風キッシュ

旬のさつまいもと豆乳を使ったとってもヘルシーな和風キッシュ。
白みそと昆布茶の旨みでしっかりとしたコクが出ます。具材をきのこやほうれん草に変えても美味しいです。ブランチやおもてなしにもぴったりのメニューです。

昆布料理写真

レシピを印刷

材料(4人分)
  • さつまいも 1本(200g) 
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ベーコン 2枚
  • バター 小さじ1
  • ピザ用チーズ 大さじ4
  • パン粉 大さじ2
  • バター(型に塗る用) 適宜
  • 塩 適量
  • こしょう 少々

【A】

  • 溶き卵 1個
  • 豆乳 1/4カップ
  • 生クリーム 1/4カップ
  • 白みそ 大さじ1/2
  • 昆布茶 小さじ1
  • 塩 適量
  • こしょう 少々
使った昆布:昆布茶

昆布茶の風味がさつまいものやさしい甘みをひきたてます。

作り方
  1. さつまいもは、皮をむかずによく洗って7cm幅の輪切りにし、水にさらしておく。玉ねぎは薄切りにする。ベーコンは、1cm幅に切る。
  2. 1. のさつまいもの水気を切り、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  3. ボウルに【A】の材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる。
  4. フライパンにバターを熱し、1. の玉ねぎ、ベーコンを炒め、玉ねぎがしんなりしたら塩・こしょうで味をととのえる。
  5. ココット皿にバターを塗り、4. を入れ、さつまいもを並べて 3. の卵液を注ぐ。ピザ用チーズとパン粉を全体にのせ、180度に温めたオーブンで20分、表面に焼き色がつくまで焼く。
ワンポイントアドバイス
  • 今回は、お子様が食べやすいようにココット皿で作りましたが、タルト皿やご家庭にある耐熱容器で大きく作って切り分けていただいてもOKです。
  • オーブンによってクセがありますので、焼き時間は様子を見ながら調節してくださいね。

塩昆布入り里芋のおやき

里芋を使ったもちもちのおやきです。中に入れるのは片栗粉と塩こんぶだけ!
塩昆布の旨みと塩気が味を決めてくれます。子どもはモチモチの食感が大好き。手づかみで食べられるので小さいお子様も食べやすいですよ。

昆布料理写真

レシピを印刷

材料(2人分)
  • 里芋 5個(200g)
  • 塩昆布 6g
  • 片栗粉 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1/2
  • マヨネーズ(お好みで) 適宜
使った昆布:塩昆布

塩昆布が味の決め手!
塩昆布のねばりも、もちもち感をアップさせてくれます。

作り方
  1. 里芋は皮をむいて、塩をすりこんでよく洗い、ラップに包んで電子レンジ(500W)で4分30秒加熱し、ボウルに入れてすりこぎなどで熱いうちにつぶす。
  2. 片栗粉・塩昆布を加え、なめらかになるまでよく混ざったらひとつにまとめて棒状にし、包丁で1cm幅の輪切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、中火で両面に焼き色がつくまで焼く。
  4. 器に盛り付け、好みでマヨネーズをつけていただく。。
ワンポイントアドバイス
  • 里芋は、あらかじめ表面を水でよく洗い、乾かしてから皮をむくと、手がかゆくなるのを抑えることができます。
  • じゃがいもで作っても美味しいです。
このページのトップへ