昆布料理研究家の旬レシピ7〜8月 こんぶネットに集まった「昆布料理ならお任せ!」の昆布料理研究家たちが、昆布と季節の食材を使ったオリジナルの昆布レシピを考えました。旬の味、昆布でもっと楽しみましょう。

【第8回】Kan-Z代表 管理栄養士 大山加奈惠さん「冬のホームパーティを盛り上げる根菜を使ったほっこり昆布料理」

大山加菜惠さん
大山加奈惠さんのプロフィール

(株)Kan-Z 代表取締役。管理栄養士、中学・高等学校教諭資格(家庭科)、食品保健指導士、食育管理士、食育インストラクター、サプリメント管理士。
日本の食文化や郷土食にトレンドやエッセンスを加えて、九州から次世代や海外に発信していきたいと思っています。美味しさは五感で感じるもの。栄養バランスだけでなく、目で見て楽しい料理を作るようにしています。最近注目しているのは「スポーツ栄養」。選手の能力を引きだす食の可能性を追求中。
「やらずに後悔より、やってみる。一歩踏み出せば、必ず道は見えてくる」をモットーに、新しいことにチャレンジし続けます。趣味は旅行、ゴルフ。フットワークが軽いのがとりえです。

冬になると『鍋を囲んで集まろうか』『ワインを買ってホームパーティをしよう』など、子ども大人も集まる機会が増えますね。気温が寒くなる分、お家の温かい雰囲気をみんな求めるのかもしれません。
人が集まるそんな時に欠かせないのが、パーティを盛上げる美味しい料理です。
今回は、食物繊維やビタミンたっぷりの根菜を使った簡単な昆布料理を紹介します。

れんこん・コーン・切り昆布のノリノリサラダ

れんこんは食物繊維たっぷりで、シャキシャキした食感が美味しい食材です。
れんこんや切り昆布、練り海苔など和食のイメージの食材を、洋風にアレンジしてみました。下ごしらえも簡単なので、パパっと作ってオードブルにしたりお酒のつまみとして出せるパーティメニューです。

昆布料理写真

レシピを印刷

材料(2人分)
  • れんこん 1房
  • ホールコーン(缶詰) 40g
  • 切り昆布 50g
  • 塩・こしょう 少々
  • 練り海苔 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1
  • ゆず胡椒 適量
使った昆布:切り昆布

切り昆布は和風食材というイメージがありますが、練り海苔にマヨネーズを加えると、洋風サラダになります。ボールに入れて混ぜるだけなので、煮ものに比べて時間も短縮できます。

作り方
  1. れんこんは泥が取れるようにしっかり洗う。皮をむいて、薄切りにして、半月切りにしておく。
  2. たっぷりのお湯に、酢大さじ1(分量外)を入れ、れんこんをゆでる。
  3. 切り昆布は軽く洗い、2p位の幅に切る。ホールコーンは汁気をしっかり切っておく。
  4. ボールに、れんこん・切り昆布・ホールコーンを入れ、練り海苔・マヨネーズを加えてよく混ぜる。塩・こしょうで味をととのえる。
  5. お好みにより、ゆず胡椒を加える。
ワンポイントアドバイス
  • れんこん・切り昆布・ホールコーンの水分はよく切ってください。水分が入ると味が薄くなります。
  • パンやクラッカーを一緒に添えると、片手で食べられるオードブルになります。
  • グラタン皿に入れ、ゆでたジャガイモの上にのせ、上にチーズなどをかけて焼くと、美味しいグラタンになりますよ!

豚肉・白菜・塩昆布のミルフィーユ風 とろろ鍋 

鍋料理の定番材料、白菜・豚肉・人参をミルフィーユ状に並べて土鍋に入れ、
ほおっておくだけで出来るので、その間にパーティメニューをもう一品作れます。
山芋のととろだしを上からかけて一緒に食べると、最近人気の簡単ととろ鍋の出来上がり!

昆布料理写真

レシピを印刷

材料(2人分)
  • 白菜 1/2個
  • 豚バラ肉 150g
  • 人参 1本
  • 塩昆布 30g
  • 薄口しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 水 1と1/2カップ

【とろろだし】

  • 山芋 10〜15cm
  • 昆布茶 小さじ1
使った昆布:塩昆布、昆布茶

塩昆布と昆布茶を利用すると、水と昆布でだしを取る手間が省けます。

作り方
  1. 白菜は1枚づつはがして、5cm位のざく切りにする。
  2. 豚肉は5cm幅に切っておく。人参は5cmの長さに切り、薄切りにする。
  3. 山芋は皮をむいておろし金でおろして、ボールに入れ、昆布茶を入れて良く混ぜておく。
  4. 土鍋に1/3量の白菜、半分量の人参、豚肉、塩昆布を順番に重ね、同じく白菜、人参、豚肉、塩昆布を重ね、最後が白菜になるようにする 。 水、薄口しょうゆ、みりんを加える。
  5. 土鍋にフタをして、弱火で約10分蒸し煮にする。
  6. 白菜、人参が柔らかくなったら、上に 3.の【とろろだし】を加えて軽く煮込む。
  7. 器に、ミルフィーユ状の野菜、豚肉を盛り、とろろだしと混ぜながら食べる。
ワンポイントアドバイス
  • 白菜や豚肉、人参を重ねるときは間があかないように、しっかり敷きつめてください。
  • 他の器にミルフィーユ状に盛り付けて、ケーキ状に切り、上から温めた【とろろだし】をかけても、見た目もよいパーティメニューになります。
  • きのこ、大根、ほうれん草、油揚げなど、鍋の食材を一緒に入れても美味しくできます。
このページのトップへ