こんぶネット|み〜んな大好き、美味しいこんぶ

MENU

昆布の効能

昆布の効能

昆布の栄養

昆布は「喜ぶ」に通じる縁起物なのはよく知られています。 これは単なる語呂合わせではなく、栄養学的に見ても身体のために大変良い食材なのです。 現代の食生活では肉や加工食品を多く摂るようになって、身体が酸性に傾きがちです。 健康体である弱アルカリ性に保つためには、アルカリ性食品の中でもトップクラスの昆布を食べるのが一番! 昆布は理想の健康食品、と言っても過言ではありません。

昆布の主な栄養素

昆布の主な栄養素

水溶性食物繊維「アルギン酸」「フコイダン」

昆布を煮た時などに出てくる独特のねばり成分は「アルギン酸」や「フコイダン」といった海藻特有の水溶性食物繊維で、昆布の含有量は多く、乾燥重量の約10%と言われています。糖質や脂質の吸収を抑え、コレステロール値の上昇を抑えてくれる。
フコイダンの腸から免疫力を高める作用も注目されています。

ミネラル

可食部100g中のカルシウム量
カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、ヨウ素(ヨード)などのミネラルは、体の組織を作ったり、調子を整えたりする大切な栄養素です。例えば、昆布に含まれるミネラルは牛乳の約23倍。カルシウムは約7倍、鉄分は約39倍も含まれています。

ヒトの身体に流れる血液やリンパ液は、海水の成分と似ていると言われています。海で育つ昆布は、海の中にあるミネラルを吸収して、人間に有害な物はあまり吸収しないという特徴があります。
だから、他の食品に含まれるミネラルに比べ、昆布のミネラルは体内への消化吸収率が高く、その約80%が体内に吸収されると言われています。

ヨウ素(ヨード)は、体内の代謝を活発にする働きがありますが、食べ過ぎると甲状腺の機能低下を引き起こします。しかし、普通に食べる量では全く問題ありません。

色素成分「フコキサンチン」

海藻に含まれる褐色の色素成分「フコキサンチン」は、脂肪の蓄積を抑える。たまった体脂肪を燃やすたんぱく質「UCP−1」の活性を上げる、というダブルの作用がある。主に内臓脂肪に届いて作用し、高めの血糖値を下げ、筋肉での糖の利用を促す。

うまみ成分「グルタミン酸」

「うまみがあると、おいしいと感じられる塩分濃度が低くなるため、美味しく減塩することができる。また、グルタミン酸は、胃にあるセンサーに作用して胃腸の働きを良くし過食を防ぐ。

参考文献

  • (株)全教図「中学校技術・家庭科副読本こんぶ」(平成9年3月発行)
  • 北海道こんぶ消費拡大協議会 掲載広告
    読売新聞朝刊全国版10段広告(平成14年9月15日掲載)
    北海道新聞朝刊全道版10段広告(平成14年9月15日掲載)
  • 一般社団法人日本昆布協会「THIS IS THE KOMBU 昆布」
  • 日経ヘルス2014年8月号、2015年6月号
このページのトップへ