こんぶネットトップ > 昆布情報博物館 > だしを取った後の昆布活用法
こんぶ情報博物館
知りたい!こんぶのひみつ
昆布の種類(昆布いろいろ)
健康と美容に昆布!
昆布の歴史
昆布の選び方
昆布だしの取り方
だしをとった後の昆布活用法
 
だしを取った後の昆布活用法
(最終更新:2009年1月15日)
だしを取った後の昆布、捨てないで! ちょっとした一手間でおいしく食べられます。
そのまますぐに調理に使うか、すぐに使わない場合は、3cm角くらいの使いやすい大きさに切って、ラップで包み冷凍しておいて、ある程度の量になったら、佃煮にしたり、昆布ふりかけあめかけ昆布塩昆布などに変身させちゃいましょう。
ここでは、そんなだし取り後の昆布を使ったおいしいレシピを紹介します。

だしを取った後の昆布で、自家製塩昆布

基本分量(材料)
・だしを取った後の昆布 100g
・水 3+1/2カップ

(A)
・しょうゆ 大さじ3
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・酢 小さじ2
・かつお節 大さじ3
作り方
  1. だしを取った後の昆布をハサミで細切りにして鍋に入れ、昆布がひたるくらいまで水を入れる。
  2. 1.の中に、(A)を全て入れ、落としぶたをし、弱火でコトコトと煮詰める。
  3. 水分が少なくなったら、焦げないように時々木べらでやさしくひっくり返すように混ぜる。水分がなくなり、煮詰まったら火を止めて冷ます。
  4. 3.が冷めたら、粉末状にしたかつお節をまぶしてできあがり!

だしを取った後の昆布で、昆布のつくだ煮

基本分量(材料)
・だしを取った後の昆布 25g
・しょうゆ 大さじ1〜2
・みりん 大さじ1〜2
・酢 大さじ1弱
・かつお節 適量

作り方

  1. 昆布は1〜3cm角の大きさに切る。
  2. 小さめのフライパンで、しょうゆ、みりん、少量の酢を加えて、さっと炒める。
  3. 全体に調味料が行き渡ったら、かつお節を入れてからめ、出来上がり!

※お好みで、ゴマ、やわらかく炊いた大豆、山椒などを入れてもおいしいです。
※酢を入れることで、昆布が 柔らかくなり、味に丸みが出ます。


だしを取った後の昆布で、昆布のふりかけ

基本分量(材料)
※分量は全てお好みでOK!

・だしを取った後の昆布
(乾燥させておいたもの)
・かつお節
・いりごま

(−以下はお好みで)
・青のり、のり
・塩
・七味唐辛子
・松の実
・ミカンの皮の粉末 など

作り方
  1. だしをとった後の昆布は小さくハサミで切って、カラカラになるまで干しておく。
    (天火を使用すると、乾燥が早いのでおすすめです)
  2. ミキサーもしくはフードプロセッサで、乾燥した昆布を細かくする。ある程度粉末状になったら、炒ったかつお節を加えてさらに回す。
  3. 昆布とかつお節が均一に混ざったら、いりごま、青のり、塩、七味唐辛子などをお好みで加え、かきまぜてできあがり。

しっとりしたソフトタイプのふりかけが好きな方は、だしを取ったあとの昆布を、乾燥させずそのまま細長く切り、しょうゆ・みりん・砂糖などを入れて煮て、煮汁がなくなった段階でかつお節を入れます。その後、いりごまや七味などをお好みで加えてください。こちらもお試しを!

だしを取った後の昆布で、昆布のつくだ煮

基本分量(材料)
・乾燥大豆: 1カップ(140g)
・だしを取ったあとの昆布: 100gくらい
(昆布の量はお好みでいいですが、だしを取った後なので、新しい昆布を使う場合より多めがよいでしょう)
【調味料】 しょうゆ:大さじ3 ※お好みで砂糖、みりんなどを入れてもOKです。

作り方
※このレシピは活力鍋を利用しています。活力鍋がない場合は圧力鍋を使っていただいてOKですが、
  加圧時間はお使いの圧力鍋の説明書を読んで調節してください。

  1. 大豆は前の日から水につけておき、戻しておく。
    (水は豆の4倍くらいの量が適量です)
    また、冷凍庫でためておいただし昆布は、自然解凍しておきます。




  2. 鍋に大豆と昆布を、活力鍋にそれぞれ入れて、水200cc、しょうゆ大さじ3杯を入れます (今回は減塩しょうゆを使用)。 



  3. オモリがふれてから1分間で完成!
    (活力鍋を使用した場合。普通の圧力鍋の場合は3〜5分程度)

だしを取った後の昆布で、みそ漬け昆布、あめかけ昆布

みそ漬け昆布

ごはんと最高の組み合わせ みそ漬け昆布
だしを取ったあとの昆布をクッキングぺーパーで水気をふき取ります。それを、お味噌に入れ、1週間程度漬け込みます。漬けあがったら、食べやすい大きさに切っていただきます。

お味噌の仕切として昆布を入れておくのもいいアイデア。味噌に昆布の香り・うまみがプラスされコクが出ます。

あめかけ昆布 おやつにピッタリ! あめかけ昆布
だしを取ったあとの昆布(100g程度)は、3cm角に切り、2〜3日かげ干しし、しっかり乾燥させます。これを、180度の油でパリっとするように揚げます。お鍋に砂糖30g(大さじ3)、水6ml(大さじ2/3)を入れて火にかけ、シロップが煮詰まったら、刻んだピーナッツかアーモンド、揚げた昆布を入れてからめます。
昆布チップス

レンジで加熱するだけ。超カンタン! 昆布チップス
だしを取ったあとの昆布を適当な大きさに切って、ハケでみりんを塗り、白ゴマを振ります。その後、レンジで様子を見ながらパリっとするまで加熱するだけで完成! パリッと感は、お好みでどうぞ。塩味は抜けているので、お好みで塩を振ってください。
超カンタンなのでちょっとしたおやつにピッタリです。

※まるみ昆布大使(北海道)さんによるレシピです。 ご協力ありがとうございました!

このページのトップへ